上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サントリーニ。名残惜しかったけど、次に向かった先は、ロドス島。

朝8時のフェリーで、ロドス島着が翌日朝2時半。18時間移動。

IMG_7479.jpg


一番安いやつで行ったので、こんなに時間がかかったんです。

あと、ギリシアの島を渡り歩くのは結構大変で、

フェリーは、曜日運行だったりすることが多い。

なので、予定は早めに決めておいたほうが無難かも。

そうしないと、しばらく待つ羽目になったり、嫌でも高速船使って高いのに乗らないといけないかも?

とはいっても、お気楽旅だからいいだけど。(当初よりかなり日程押してますが。。。)


フェリーはもちろんデッキ席。

だけど、空いてるので、普通に座る(寝る)場所確保できました。

これがハイシーズンになるとどうなるかはわからないけど。

私が行ったときはピーク前だったので、従業員もシート席にどうぞ~といった感じ。

書いたとおり、ロドス島着が、2時30分。

真夜中に着くの承知でこの便にしたんだけど、

宿押さえようかと迷ったけど、調べても、安宿がなく。。。

フェリーターミナルで一夜を明かそうと思って、従業員に聞いてみたら、


「CLOSED」と。


まー、そうだよね。

だって真夜中の2時だもんね。そりゃ閉まってるわ。

しゃーない、どこか近くのお店とか何かに頼ろうとか、近くに宿あったら行こうとか。

あのときは考えていたんだよね。


で、ロドス島に着いてみたら、

フェリーターミナル自体、ないじゃん!!!!!!!

吹きっさらしの場所にチケット売り場のブースがちょこっとあるだけ。


周りは、がらーん。


宿も売店もない。何もない。

ちょっとだけ期待した客引きもいない。

トルコ行きのフェリーとか出てる島だから、もっと設備しっかりしてると思ったのに。。。

みんな迎えに来た車に乗ったり、タクシーでどこかに行ったり。

同じバックパッカーの人に聞いたらホテルブックしてて、タクシーで行くっていってたから、

着いていくこともできたけど、

この時点で腹くくりました。

夜が明けたらトルコにこのまま行こう!と。

イコール・・・



野 宿。



ほんとは、ちょっと歩いてみようかと思ったけど、

なんせ深夜。

野良犬の鳴き声聞こえたし、真っ暗だし。

かえって次5時に出港する乗ってきたフェリーがいるおかげで、

多少賑やかだから、ここで5時まで夜が明けるのを待とうという判断。

電灯の下で本読んだりしてたら、眠くなり。。。

いつの間にか体育座りで就寝(笑)

目が覚めたの5時半。

すでに、フェリーはいなく、


広い港に私一人(笑)


初野宿。

ここがどこだか一瞬わからなくなるね。

あの起きた瞬間の、情けなさといったら・・・(笑)

何もなくてよかった。とりあえず。

ちなみに、この左側にある電柱の下に一人ぽつんといました。。。

IMG_7494.jpg


ちょうど夜も明け始めてたので、行動開始。

300mくらい歩いていったら、お店が開いていた。

よーく目を凝らしてみたら、


24H



と。



ネットカフェだーーーーー!!!!!




あーあ。余計に虚しさ倍増。



野宿する必要なかったじゃん!!!!!





でも、野宿をした達成感も妙にあり、

変なテンションで、トルコのマルマリス行きのフェリー乗り場を探す。

15分くらい歩いたところに、もうひとつのフェリーターミナル発見!

また椅子に座って爆睡。

人が集まり始めたので、チケット買って、もう勢いでマルマリスへ!

フェリーはなかなかカッコいい高速船。

IMG_7500.jpg

高速船のあのジェットコースターに乗ってるようなイヤな揺れはなくて、快適。

確か1時間弱で、無事にトルコ着。

ロドス島の世界遺産は、フェリーターミナルから、ちらっと見えたので、それで満足

IMG_7502.jpg

IMG_7504.jpg

good bye Greece!!!
スポンサーサイト
サントリーニは



「世界一夕日がきれいに見える島」


OIA(イア)の町から見る夕日が一番綺麗にみえるらしい。

FIRAからはバスに乗って15分くらい。

着いたのが、週末だったのと、シエスタの時間で、開いてるお店もまばら。

丸くて青い屋根の教会3つがよくポストカードになる場所を探し求めて歩きました。

IMG_7330.jpg

IMG_7340.jpg

IMG_7349.jpg


疲れて、太陽が沈むまで時間があったので、ちょっとコーヒータイム。

IMG_7371.jpg

海が見えるテラスに座って下を見たら、




「あったーーー!!!!!」


IMG_7383.jpg



夕日の時間が近づくにつれ、徐々に人も増えてきました。

IMG_7397.jpg


いよいよ、日没の時間。


本当に綺麗。

オレンジ色に染まった家々。

本当に来て良かった。

全てにありがとうと言いたくなるこの気持ち。

また、いつか来れますように。

IMG_7402.jpg

IMG_7459.jpg

IMG_7466.jpg

IMG_7477.jpg

IMG_7452.jpg


ありがとう。


IMG_7446.jpg
ギリシアといえば、パルテノン神殿!

って私は思い浮かぶんですが、もうひとつ行きたかった場所。

それが、エーゲ海のあの景色!






はい、ここはどこでしょう??



IMG_7168.jpg











正解は 『サントリーニ島』






憧れの島、真っ青な空、海、白い家々。絵になる島、サントリーニ。

IMG_7079.jpg


アテネも良かったけど、1泊のみで、すぐに夜のフェリーで、向かいました。

早朝着くと、客引きがたくさん。

一人のおじちゃんと値段交渉。

もともと、Fira(よく写真で見る景色の場所)に泊まりたくて、

値段もシングル20ユーロ(朝食なし)でFiraの割りにはお手ごろ。

しかも、たいていのホテルは、プールつきです。

私が泊まった場所も小さいけれど海が見えるプールがあったよ。

IMG_7246.jpg

本当は、Perissaの安い地域と迷ったけど、ここは大奮発。

ここに泊まって良かった~。


眠かったけど、早速街歩き。

どこを歩いても絵になるから、カメラとお友達。

周りはカップル、友達で旅行してる人が多かったけど、

全然気にならなかった!(嘘)

ということで、写真どうぞ。


IMG_7341.jpg

IMG_7359.jpg

IMG_7086.jpg

IMG_7130.jpg

IMG_7164.jpg

IMG_7275.jpg


時間の流れがゆっくり。

アトリエも多くて、それを見て周るだけでも、楽しく過ごせます。

自分の作品を作って、売って。

こんな場所で創作できるなんて、なんて贅沢。


もう一度行ってみたい場所だなぁ。
アテネで見る場所と言えば、

もうあれしかない。

パルテノン神殿!!!!!!

ただこのパルテノン神殿、ずーっと何十年も修復工事しているらしく、

骨組みが組まれ、見るものをがっかりさせる場所でも有名らしい。

そんなのロマンが全く感じられないじゃん!!

って思っていたら、なにやら、ニュースで久しぶりに足場が外されたとの噂をかぎつけ、

なんてグッドタイミングなんだぁ~~~って喜んでおりました。


で、行って来ましたよ~。

本来の神々しいパルテノン神殿を見に!




小高い丘の上にあるので、どんどん上っていくと。。。







あれ??







クレーン?






足場?







工事してるじゃん!!!!!!!!!!!!



IMG_6934.jpg





まー、前よりもきっと足場が少なくなったんだろうね。

てか、これからなのかなぁ。

ニュース読んだ限りはもう撤去されたみたいな書き方だった気がするけど。。。

でもでも、ロマンだよね。

だって、紀元前の建築物が目の前にあるわけで。

なるべく足場が見えないように撮ってみました。

IMG_6933.jpg


街歩いていると、場所によっては治安悪そうな場所もあるけれど、

IMG_7044.jpg

ローカルの人も人当たりが良くて、話しかけても親切に教えてくれるし。

ただアルファベットっぽいけど違うギリシア文字は全く読めず。。。

アテネ、アクロポリスくらいしか見るところないけど、

思った以上に楽しめる街でした。

個人的には、パルテノンよりも、ゼウス神殿の方が数倍カッコよくて好きだったなぁ。

IMG_7025.jpg
ギリシアに渡るのに、選んだ町は、バーリ。

ナポリからバスで(電車よりバスのほうが安い)バーリという町へ。

途中の景色良かった~
IMG_6867.jpg


バスターミナルからまたバーリ港へ行くのにバス。

(バスターミナル近くには、サンドイッチとか買えるお店やスーパーみたいなのあったので、買出し!)

港まで行って、フェリーでPatra(パトラ)まで。

一番安いデッキで行って、53ユーロ。

IMG_6882.jpg

このデッキ、屋内の席もないし、日本の2等席のような場所もない。

本当に「デッキ」

だけど、シートが空いていたりするので、

そこに寝転がったり、カーペット敷いているので、そこで雑魚寝できます。

IMG_6893.jpg

IMG_6885.jpg


パトラに着いたら、バス乗りたい人は、フェリーターミナル出て、

左方向にずっと進んでいくと、バスターミナルが見えてきます。

30分に1本、アテネ行きがあるので、便利。確か約17ユーロ。

アテネのバスターミナルに着いたら、

メインの駅、オモニア周辺まで行くローカルバスに乗り換え。これが1ユーロ。

高い。。とか思うけど、どこに着いたかもわからず、距離感覚ゼロなので、ま、いいか。

ユースホステルに行こうとするけど、

まず、ストリートネームが書いてない、書いてあっても読めない。

散々迷って、いろんな人に聞いて、やっとたどり着いた。

周りは、多少治安悪そうだけど、ホステル自体は、まったく問題なし!

IMG_6899.jpg

スタッフもめっちゃいい人だし。

ローカルの人も、道尋ねたら、親切に教えてくれるし。

アテネ、好印象!

経済情勢マズいので、心配していたけど、

ストにぶち当たることもなく、よかった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。