上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっとトルコ書いたよぉ。

タイムラグがありすぎるのはよくないよねぇ。。。

ごめんなさい。


さてさて。


ちょっとひとつお話が。



私、


トルコを出国したのは、6月19日。


エジプトに入国したのが、7月4日。



です。




空白の2週間。






私に何が起きたのか!!!











実は、このあとトルコからエジプトへ抜けるルートを当時悩んでいて、

イスタンブールで日本人宿に泊まっているときに相談したのです。旅の先輩方に。


中東を経由するか、飛行機で飛んじゃうか。




そしたら、そういう時は、





運任せ




なるようになるさ~精神がいいよね。



みんな中東経験者ばかりだったので、色々と話を聞いてみる。

中東の素晴らしさを熱弁してくれ、

聞いているうちに、だんだん行きたくなってくる私。



っていうかそれが人間の心理でしょー(笑)


てことで、もう半分以上は行く気満々で、賭けに出ました!








あみだくじ!!!!!





行く or 行かない or アッラーの教えに従う





あ、ここイスラム圏だからね。



もしアッラーになったら、

私の行き先は、アッラーのみぞ知る、というなんともよくわからない答えなんだけど(笑)




結果・・・










い、行かない???????








!!!!!!!!!!!










いや、行く気満々なのに、行かない???????





なんだよーなんだよー。



行く気十分だよ?ちょっとビビってるけど。








気に食わずに、もう一度やり直し(笑)






線を無理やり引いて、







次!




IMG_0731.jpg





アッラー。








キターーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!











てことで、もう行く気だったので、自分で決めたに近いですが(笑)





あみだで行き先を決めるのも悪くないw



アッラーの教えじゃなくて、完璧自分の意思ですが。。(笑)



最初に、「行かない」と出たからそれに反したら、何か起こるんじゃないかと不安だったけど。



今こうしてきちんとエジプトにいるし、


シリア、ヨルダン、イスラエルと通って来たけど、


いい出逢いがたくさんありました。


中東は人が良いとよく聞くけど、本当にそう。


みんな親切で楽しませてくれました。


行ってよかった!


旅行く前は、中東方面は危ないから行かないようにと親にも言われてましたが。。。

お母さん、約束破ってごめんなさい。。

無事にエジプトいるってことで。許してね。


あまりにもタイムラグあるので、

シリア、ヨルダン、イスラエルは、時間あるときに、ちょくちょく書いていきます。


なので、次回は多分、エジプト!!

(これ出た日にはイギリス飛び立ってるけどね~。まだまだタイムラグあるなぁ。)

スポンサーサイト
カッパドキアで撮った写真の枚数は、六百枚以上(笑)

はい。クレイジーなのは重々承知です。

その中でここに乗せれそうだなぁと思うものは、3分の1くらいで。

その中からまたさらに厳選(っていうほどではないけど)して、数枚まで絞る。


みんな写真見たいでしょー(笑)

日本帰ったら、お披露目会しましょうww

ブログ書くのに一番この写真選びが大変です。

なので、こんなに時間がかかっているなんて、言い訳してもしょうがない(笑)

書きます。ブログ。



カッパドキアで泊まった宿もいい人たちばかり。

ギョレメにあるウフク(地球の歩き方参照)に泊まったんだけど、

奥さんが日本人。すごくいい人で、ほんとここに泊まって良かったです。

アットホームで、お子さんかわいいし、猫ちゃんもいるし、癒されます。

IMG_9034.jpg


宿で料理ちょっと教えてもらった☆

IMG_8536.jpg


ツアーを全てこなし、カッパドキア最終日、

Imagination Vallyを目指し、近くの町までバスで。

そのあとは、5キロくらいの道のりを歩くことに。(TAXIのみ)

一本道だから、日陰なし!暑い!!

IMG_8901.jpg

半分くらい歩いたところで、車が停まった!

乗せてくれたー。ありがとう。おじちゃん!


車だとあっという間で到着。

ツアーだと行けないような場所へずんずん入っいて行き、

広大なカッパドキアの景色を見ながら。

IMG_8925.jpg


旅のことを考えてみたり。

自然の力強さを感じてみたり。

あの瞬間、誰よりも贅沢な時間を過ごしている気がして。

IMG_8955.jpg

ありがとう。



帰り道。

調子付いて、果敢にもヒッチハイク!

意外と通り過ぎる車多いけど、

手を振って超アピールしたら、一台の農作業用トラクターが停まってくれた☆

初ヒッチハイク!!

IMG_8962.jpg


お兄ちゃんありがとう!

IMG_8966.jpg



ギョレメから見るサンセットも、すごくよかった。

IMG_9011.jpg

みんなで、今沈んでいる太陽が、今この瞬間どこかの日の出になっているんだよね~なんて言いながら。

イースター島あたりかなぁ。

きっとイースター島に行ったときにこのことを思い出すだろう。

イースター島の夕日を見て、またどこかを思い出す。

あのときの夕焼けはそうやって記憶に刻まれていくんだ。


夕日に照らされて赤く染まるローズバレー

IMG_9000.jpg


ギョレメの夜景

IMG_9021.jpg


トルコの最後がこれで良かった。

大満足でトルコ終了です。

今回、カッパドキアはツアーに参加したんですが。

相当なお金、費やしました。

何かって、


気球!!!


大奮発です。だって130ユーロ。


朝早く起きて、乗り場までバスで。

スナックとコーヒー、紅茶のサービス。

IMG_8544.jpg


気球なんて初めて乗った気がする。

IMG_8551.jpg

IMG_8558.jpg


パイロットのおじさんカッコいい!!

IMG_8599.jpg


英語・ポルトガル語・フランス語・ちょっと日本語・トルコ語を操るベテランパイロット!



80分くらいのフライトのはずだったんだけど、実際はもっと乗ってたと思う。

サービスも良くて、いい人にあたったなぁ。


IMG_8582.jpg


IMG_8572.jpg


ブラジル人のおばさんというには申し訳ないほど若い孫を持つお姉さんと

イスタンでも一緒だった同郷のリュウマくんと一緒に。

IMG_8579.jpg


肝心のサンライズ。早起きしただけの価値はあります!

IMG_8587.jpg


他のツアーでもたくさん気球飛ばしてるので、

一度にこんなにたくさんの気球が上がるのを空中から見るだけでも、

かなり雰囲気あります。

IMG_8634.jpg


最後は、シャンパンで乾杯。

IMG_8731.jpg


いい経験ができました。

すごくカッパドキア楽しかった!

IMG_8733.jpg
キノコ岩がいくつも伸びて、不思議な景観が広がっている。

火山灰と溶岩が積み重なって、それが風や雨によって削られ侵食が進み、

こんな変な形の岩々が出来たらしい。

ガイドブックがよく表現している言葉を引用すると、

この世のものとは思えない。

そんな感じ。


IMG_8352.jpg


IMG_8332.jpg




ここがそう、世界遺産、カッパドキア。



IMG_8511.jpg


IMG_8442.jpg


IMG_8490.jpg


また、ここはキリスト教徒たちが迫害から逃れるために、

洞窟を掘って、暮らしていたという。

地下都市。

IMG_8769.jpg


地下20階ちかくまである場所もあるらしい。

そこに何千人というキリスト教徒たちが住んでいたというんだから、

すごいよね。

IMG_8763.jpg

食料庫や台所、井戸、家畜を飼う場所、教会も地下にあった。

でも、それにしてはきれいな状態で残っているらしいから、どんな暮らしをしていたかは謎のまま。


カッパドキアは陶芸も有名で、カラフルな陶器がたくさん売られえてました。

IMG_8392.jpg

IMG_8399.jpg
トルコで一番行きたかった場所、


カッパドキア!


とその前に、ひとつ。

テンション高く、ギョレメ行きのバスに乗り込み、

なんとなーく外の景色をぼーっと見ていたら、

湖っぽいのがある。

IMG_8282.jpg


けど、色がどうもおかしい。


写真じゃ全然写らなかったのが残念・・・。

ピンク???なんだよねぇ。ほんとは。


なんだろーと目を凝らすもよくわからず。

ちょうどいいとこでバス休憩。

20分間休憩ということで、

猛ダッシュで、道路渡って反対側にあるその怪しげな湖に近づいたら・・・



IMG_8286.jpg

日本語で!!


塩 湖 だってーーーー。




すごーい。



IMG_8288.jpg


塩湖、といえば、ボリビアのウユニ

行きたいけど。。。と迷ってるけど。

これでもし行けなかったとしても、

塩湖というものをちょっと見れたから、

まだ諦めつくかなぁ??(笑)

(全然違うものだろうけど・・・)


写真だけ撮って、退散。

バスおいて行かれないかと心配して、また帰りもダッシュ(笑)

誰も反対側行く人なんていなくて、もしあんなところに置き去りにされたら、凹むわ。

最悪ヒッチハイクだろうけどww

でも、ちょっとでも見れて良かった!



次回カッパドキア!

(2010.06.15)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。