上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サントリーニ。名残惜しかったけど、次に向かった先は、ロドス島。

朝8時のフェリーで、ロドス島着が翌日朝2時半。18時間移動。

IMG_7479.jpg


一番安いやつで行ったので、こんなに時間がかかったんです。

あと、ギリシアの島を渡り歩くのは結構大変で、

フェリーは、曜日運行だったりすることが多い。

なので、予定は早めに決めておいたほうが無難かも。

そうしないと、しばらく待つ羽目になったり、嫌でも高速船使って高いのに乗らないといけないかも?

とはいっても、お気楽旅だからいいだけど。(当初よりかなり日程押してますが。。。)


フェリーはもちろんデッキ席。

だけど、空いてるので、普通に座る(寝る)場所確保できました。

これがハイシーズンになるとどうなるかはわからないけど。

私が行ったときはピーク前だったので、従業員もシート席にどうぞ~といった感じ。

書いたとおり、ロドス島着が、2時30分。

真夜中に着くの承知でこの便にしたんだけど、

宿押さえようかと迷ったけど、調べても、安宿がなく。。。

フェリーターミナルで一夜を明かそうと思って、従業員に聞いてみたら、


「CLOSED」と。


まー、そうだよね。

だって真夜中の2時だもんね。そりゃ閉まってるわ。

しゃーない、どこか近くのお店とか何かに頼ろうとか、近くに宿あったら行こうとか。

あのときは考えていたんだよね。


で、ロドス島に着いてみたら、

フェリーターミナル自体、ないじゃん!!!!!!!

吹きっさらしの場所にチケット売り場のブースがちょこっとあるだけ。


周りは、がらーん。


宿も売店もない。何もない。

ちょっとだけ期待した客引きもいない。

トルコ行きのフェリーとか出てる島だから、もっと設備しっかりしてると思ったのに。。。

みんな迎えに来た車に乗ったり、タクシーでどこかに行ったり。

同じバックパッカーの人に聞いたらホテルブックしてて、タクシーで行くっていってたから、

着いていくこともできたけど、

この時点で腹くくりました。

夜が明けたらトルコにこのまま行こう!と。

イコール・・・



野 宿。



ほんとは、ちょっと歩いてみようかと思ったけど、

なんせ深夜。

野良犬の鳴き声聞こえたし、真っ暗だし。

かえって次5時に出港する乗ってきたフェリーがいるおかげで、

多少賑やかだから、ここで5時まで夜が明けるのを待とうという判断。

電灯の下で本読んだりしてたら、眠くなり。。。

いつの間にか体育座りで就寝(笑)

目が覚めたの5時半。

すでに、フェリーはいなく、


広い港に私一人(笑)


初野宿。

ここがどこだか一瞬わからなくなるね。

あの起きた瞬間の、情けなさといったら・・・(笑)

何もなくてよかった。とりあえず。

ちなみに、この左側にある電柱の下に一人ぽつんといました。。。

IMG_7494.jpg


ちょうど夜も明け始めてたので、行動開始。

300mくらい歩いていったら、お店が開いていた。

よーく目を凝らしてみたら、


24H



と。



ネットカフェだーーーーー!!!!!




あーあ。余計に虚しさ倍増。



野宿する必要なかったじゃん!!!!!





でも、野宿をした達成感も妙にあり、

変なテンションで、トルコのマルマリス行きのフェリー乗り場を探す。

15分くらい歩いたところに、もうひとつのフェリーターミナル発見!

また椅子に座って爆睡。

人が集まり始めたので、チケット買って、もう勢いでマルマリスへ!

フェリーはなかなかカッコいい高速船。

IMG_7500.jpg

高速船のあのジェットコースターに乗ってるようなイヤな揺れはなくて、快適。

確か1時間弱で、無事にトルコ着。

ロドス島の世界遺産は、フェリーターミナルから、ちらっと見えたので、それで満足

IMG_7502.jpg

IMG_7504.jpg

good bye Greece!!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://flyroundtheworld2010.blog109.fc2.com/tb.php/121-b8b14811
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。