上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペトラを見終わったあと、またアンマンに戻りまして。

コーダホテルに一泊。

翌日、日本人4人でいよいよ鬼門のキングフセイン橋に行くことに。

キングフセイン橋とは。

非公式のヨルダン-イスラエル間のボーダー。

現在の橋は日本のODAによって建てられたものです。

日本、すごいね。

本来ここはパレスチナ人のためのボーダーですが、外国人(イスラエル人以外)にも開放されています。



前にもチラッと書きましたが、

イスラエルのスタンプというのがクセモノでして。。。

パスポートに押してあるだけで、仲の悪い国には行けなくなってしまうんですね。

なので、スタンプマニアの方以外(特にこれから北上する人)にとっては、

どーしても押して欲しくないものなんです。

なので、必死にイスラエルの美人入国管理官の人たちの機嫌を取りながら、

「ノースタンプ、プリーズ」

と言わないといけません。

どんなにしつこい質問を受けても、笑顔で答えなければなりません(笑)

私の場合は、パスポート切れるここ4年間にもう一度それらの国に行くとは考えられないし、

第一、イスラエルからエジプトインする予定なので、どうしてもノースタンプは避けられない。(多分)

なので、押しても押さなくてもどっちでもいいというわけ。

たいていの人はまたイスラエル見たあとにまたキングフセイン橋を通ってヨルダン戻ります。

ヨルダンの出国スタンプもなし。イスラエルの入国スタンプもなし。

帰りも、同じように両方なし。が理想的。

スタンプがないってことは、イスラエルに足は踏み入れてませんよ~と言えるわけです。



さて、キングフセイン橋まではまたタクシーで。

ヨルダンの出国手続きをします。

スタンプの欲しい私は、頼んでみたけど、ここは「非公式」のボーダー。

ヨルダン側は押してくれなかった。。。

別紙の紙切れにスタンプを押してもらい、バスに乗り込み、中で別紙は回収。

イスラエルのボーダーまではバスで移動しないといけません。

いよいよキングフセイン橋へ。

(※タイムラグあるので、多少忘れてます。あと、人によってかなりの差があると思うので、参考程度に。)

イスラエルのボーダー入口でバスから降りて、パスポートチェックをし、

また乗り込み、入国管理局へ。

荷物は、X線にかけられどこかに。

パスポートに謎のシールを貼られる。2枚も。

パスポートカバーをしなきゃ直にシール貼られます。

そして時間が経つときれいに取れない。

例えノースタンプでクリアしたとしても、このシールをキレイに剥がさないと、

「お前、イスラエル行っていたのか!」となりますので、ご注意を。

そして、自分もX線通り、いよいよ難所の入国審査へ。

「何でイスラエルに来たのか?」「どのくらい滞在するのか?」
「どこに泊まるのか?」「イスラエルに知り合いはいるか?」
「(シリア渡航歴があると)どうして行ってきたのか?」

などなど。いろいろと聞かれます。

当たり障りのない回答をしましょう。

そして決して怒らせることのないように。怪しまれることのないように。

一番最初に通ったA君が、ホテルのこと聞かれて多少四苦八苦してたら、

この紙持って、あっちに行けとどこかに連れてかれた!

最初はただ単に用紙に記入あっちですれって言うことだと思って、気にしてなかったんだけど、

他女三人は、すんなりとクリア!

そして待てど待てども、A君が来ない。

最初の30分は、時間かかるね~別室行きだったんだね~なんて笑いながら話してたんだけど、

1時間後には、まさかの別室行きで、なに答えてるんだ。。と心配になり、

2時間後は、もしかしたらヨルダンに追い返されたか!と不安になり。

2時間半後には、あと30分待って来なかったら、置いていこうという決断。

結局そろそろ行こうか・・・という3時間後に、A君登場!

良かったぁ。追い返されてなくて(笑)

その間、うちらは待ちぼうけ。お腹空いた~なんて言いながら。

一緒のバスだった白人のおばさんも、旦那さんがなかなか来なくって、ずーっといらいらしてたよ!

そりゃそうだ、なんにも怪しくないのに、面白半分で別室行きなんだから。嫌がらせだよ。。。

結局A君は、特に尋問されたわけでもなく、ただただ放置され。最後にちょこっと質問されて終わったらしい。

なんだそれ。。。

まあ、運が悪かったってことだね(苦笑)


ちなみに、私、スタンプ欲しい!って言ったら、

なんで欲しいんだ??いらないでしょ~。と言って、押してくれなかった。。。

押して欲しいのに押してくれない。意味がわからん。。。


何はともあれ、無事に入国完了。

バスでエルサレムに向かうのでした。



(2010.06.27)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://flyroundtheworld2010.blog109.fc2.com/tb.php/153-63971c86
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。