上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストラスブールはドイツとの国境近くの町。

なんでストラスブールに行ったかというと、

3年前の夏に、島根県の国際ワークキャンプというボランティアプログラムに参加して、

そこで知り合ったフィリップ君に会いに。

世界一周行く前に久々に連絡取ったら、歓迎してくれて、

遊びに行くことにしたのです。

ストラスブールは暮らすのにちょうどいい大きさの街。

ちょっと歩いただけでかなりお気に入りになりました。


街の中を流れるイル川中州がお堀のようになっていて、

そこのグラン・ディル(旧市街)は世界遺産。


まず、圧倒されたのが、ノートルダム大聖堂(カテドラル)。

IMG_2144.jpg
ライトアップされた写真しか撮ってなかった^^;

パリのより断然いい。

ゴシック建築でかっこいい。

中には大きな時計があります。

IMG_2147.jpg


上まで上って、ストラスブールの町を眺めたら、ドイツまで見えます。

IMG_2154.jpg

すぐそこがドイツ。何度も国境またいで来たけど、

島国の日本人の私からしたらやっぱり不思議な感覚なんだよなぁ。すぐそこが違う国っていうのが。

旧市街の街並みは、プチ・フランスと呼ばれ、木組みの家が残されています。

IMG_2227_20100930093821.jpg


ここ本当に良かった。昼間ちゃんと見てみたいなぁ。


ストラスブールは一人当たりの所得がフランス一らしく、裕福な町です。

なので、無料で毎日、噴水と光と音のショーをやっちゃいます。

IMG_2209.jpg

しかも最後に花火も上がる。

これ、ちょっとしたディズニーシーのショーでも通じるくらい楽しい。

これが、毎日行われてるんだから、ほんとすごいな。

カテドラルも光の音のショーをしていて、こちらもいいらしいけど、見逃しちゃいました。

けど、ライトアップはキレイにされていて、すごくよかった。


ここでもフィリップ君との再会以外に、素敵な出会いがありました。

彼の日本語の先生。

もう長年フランスに住んでいるらしく、もちろんフランス語ぺらぺら。

日本語よりもフランス語が出てくるという。

なんともうらやましい。

フィリップと先生と3人で御飯食べに行ったり、

公園に連れて行ってもらって、

IMG_2194.jpg

先生の生徒が開いていたmangaのオフ会にちらっとお邪魔させてもらったり。

夜遅くまでみんなで話したり。

楽しかったぁ。ありがとう。

(2010.07.31-08.01)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://flyroundtheworld2010.blog109.fc2.com/tb.php/168-d5b4c047
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。