上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弓場について、行く前にネットで調べてたけど、

農業?自給自足?バレエ?ユートピア?

どんなところかはっきりはわからなかった。

ちょっと緊張しながら、

サンパウロから夜行バスで9時間。ミランドポリスという町の郊外、第一アリアンサにある。

ミランドポリスからはローカルバスに乗り換えて、30分くらい。

そこに住む誰しもが、YUBAを知っている。

なので、思いっきり日本人バックパッカーの格好をしている私は、

一目瞭然で「この人はYUBAに行くんだ。」とわかってしまうので、

バスのおじさんもきっちりYUBAの前で降ろしてくれる(笑)


朝7時半に到着。


入口からどんどん進んでいくと、

なんか昭和の田舎の日本にタイムスリップしたような雰囲気。

IMG_9090.jpg

IMG_8945.jpg


コジーニャと呼ばれる食堂にいる皆さんに挨拶。

「お腹空いてるでしょ、朝ごはんの残りあるから食べなさい。」と

白いご飯と残りのお雑煮を頂いた。

地球の裏側でお雑煮を食べれるなんて。。。幸せだ。

部屋に案内してもらい、「もうみんな畑行ってるから、ゆっくりしな。」と言われ。

が、なんとなく落ち着かない。

お邪魔させてもらってるのに、働かないでいるのがどーも。。。

IMG_9099.jpg
ガス台もあるし、かまども使う。


お茶碗洗ったり、拭いたりして手伝ったりした。

旅行者は多い時期には10名くらいいるときもあるらしいけど、

今の時期はちょうどいないらしく。私だけ。

同じように旅行で来て、中には気に入って住み着いていしまっている人も。

ここの人たちは、日本語喋るし、ぱっと見た目は、日本人。当たり前だけど。

だけど、性格はやっぱりブラジル人な部分もある。

Sim / Nao (aの上に波)がはっきりしてるし、ゆったり。

ここにいる子どもたちも、とても活き活きしている。

日本にいるときはそんな子どもと接する機会もなかったけど、いとこくらいか。

人見知りをしない。

懐っこいというか、やんちゃというか。表情が明るい。

仕事だって楽しみながらちゃんと手伝う。

ピンポンもとっても上手だし、絵もとっても上手。ピアノだって弾けるし、もちろんバレエもする。

何をやらせても、人並み以上。

すごい。

そして、もちろんバイリンガル。

なんだよ、この環境。


IMG_9094.jpg
リンタは子どもじゃないけど。(笑)

私がいる間は、特にこれといった行事ごともなく、普段の弓場を見ることが出来た。

ある種の社会主義みたいな感じなので、

弓場のお財布は一つ。

給料というのが存在しない。欲しいとき、もらうらしい。

けんかになるんじゃないかって思うけど、そういうことはないらしい。


毎年、クリスマスパーティが開かれ、地域の人も、中にはサンパウロからも、

弓場のバレエや演奏、お芝居を見にたくさんの人が集まる。

弓場には800人もの人が見ることの出来る舞台もあるのです。

IMG_9087.jpg

IMG_8914.jpg

普段は、農作業をしたり、家事を普通にしているお父さんお母さんたちも、

手作りの立派な衣装に着替えて、華麗にダンスを踊ってしまう。

芝居でもテレビドラマにもCMにも出たことある人もいるらしい。

なんかものすごい集団なんです。



クリスマスのほかにも、餅つきとか、盆踊りとか、色々と行事ごとかあるらしい。

日本の文化もしっかりと受け継がれているんです。

ちゃんと杵と臼でつくんだって。今の時代、日本で餅つかない家たくさんあるのに。。。

100%もち米じゃない市販の餅を柔らかくて美味しい餅だと思って食べている人もいる多いはず。

情けないな、日本。

もっと古き良き時代も考えるべきなんじゃないかと思う。

地域のつながりもなくなって、子どもは携帯やテレビゲーム片手に二次元のコミュニケーションを取る。

ま、日本だけに言えたことじゃないかもしれないけどさ。


開拓当初の苦労を考えると何ともいえない。

私の先祖や他たくさんの開拓使が北海道の土地を切り開いたけれども、

(北海道は冬が大変だっただろうなぁ。)

言葉も気候も違う何にもない土地を切り開いて、住めるようにして、

ないものは売ってないから自分で作るしかなかった。

弓場は自給率が半端ない。

米、大豆、野菜、果物はもちろん、調味料も醤油も味噌もケチャップも。

牛豚鶏も飼ってるから、お肉も牛乳もチーズも。ジャムも豆腐も納豆も。

食以外、衣住も裁縫も出来る人がいるし、昔はもちろん家も建てていた。

家具だって作るし、ほうきだって作る。石鹸も作る。

陶芸家だっている。道具も自分たちで直してしまう。

すごい集団だ。

昔はこうやって暮らしているところもたくさんあったんだろうけどね。

IMG_9046.jpg

(2010.09.17-10.18)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://flyroundtheworld2010.blog109.fc2.com/tb.php/196-0d5858e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。