上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リマの街、

全然想像が付かない場所だったんだけど、行ってみて驚いた!

意外と都会なんだなぁと。

宿泊先が新市街だったこともあると思うけど、

ショッピングモールだって、大きいし、お洒落な飲食店もあるし、

ちょっとしたブランドのお店も立ち並んでいる。

CIMG3536.jpg


ちょうどハロウィンが近かったので、スーパーはこんな感じ♪かわいかった。

CIMG3541.jpg


カメラを買うのに、何件か電気屋さんに行ったんだけど、

「HIRAOKA」というお店は何店舗かリマにある家電量販店だった。

ヒラオカって、日系人が作ったのかなぁ?

結構大きなお店だったので、こういう大型店がリマにもあるんだって、びっくり。

結局、そこでは買わなかったんだけど、

リマで、もし家電を探していたら、行ってみてもいいかも。



さて、リマでの観光と言っても、特に行き当たりばったりでないんだけども、

唯一、おすすめ!っていう場所が。

そこは、 「天野博物館(Museo Amano)」

なんで日本語?と思うかもしれないけど、

ここは、考古学研究者の故天野芳太郎氏が私財を投じて作った博物館。

アンデス文明、特にチャンカイ文明を研究されていた方らしいです。

私、ここに来るまで、ペルーと言えばインカ文明としか頭になかったんだけど、

さまざまな文化が存在したらしく、インカ文明同様、すごく繊細で、精密な文化を残していたみたいです。

その展示物を、なんと無料で見せていただけます。(要予約)


実は、その日、某超有名企業の社長の貸切になる予定だったらしく。

でも、日程的に私はその日しか無理で、宿のご主人が電話してくれた際に、何とかねじ込んでくれたらしい(笑)

ありがとうございます。

てなことで、社長様とご一緒させていただくことに。

でも、あまりにオーラなくて、普通のサラリーマンのようだったけれども。そんなもんか???

まーそれは良しとして、博物館はすごくよかった!

もちろん、タダで見せてもらうなんて、申し訳なくなるほど立派な展示物の数々。

帰りはお土産を買わせていただきました。


良かった点を。

日本語でガイドしてくれること。

展示物はどれも保存状態がよいこと。

織物の文化があり、カラフルで幾何学的な模様がびっしりと描かれていて、すごく美しい。

今の時代でも、違和感がないデザインと繊細な織り方で、これ、欲しい!って思ってしまったわ。笑

ぜひ、リマに行った際は行ってほしい場所です。

ペルーを回る前に行ったほうが、予備知識を蓄えていけるからいいかもね。


帰りにお土産屋さんが立ち並ぶメルカドに行ったんだけど、

リャマがいた!(笑) さすが、ペルーw

CIMG3526.jpg


(2010.10.28-29)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://flyroundtheworld2010.blog109.fc2.com/tb.php/212-1294a7a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。