上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて。なぜ、カンボジアにこんなに早く来たかというと、

フィリピンで知り合った友達の友達の友達(カンボジア人)が日本語ガイドをしていて、

案内してくれるということで、早々にタイを切り上げて、行くことにしたのです。

他にも3人一緒に行く人がいて、みんなでカンボジアに来たんだけど、

同じゲストハウスに泊まっていた大学生2人も誘って、

1人のガイドに7人でアンコール遺跡めぐり。

アンコールトム、バイヨン、バプーオン、象のテラス、ライ王のテラス、タ・ケウ、

そして、アンコールワット。

ずっと訪れたかったアンコールワット。

修復中だったのが、ちょっと残念でした。

せめて、景観を損なわないように工事用ネットを同色にしてくれればいいのに。。。


でも、さすがトップクラスの世界遺産。

私がいろいろ言うよりも、写真で見たほうがまだ伝わるかもしれない(笑)

うまく写真で表現でいているかわからないけれど、どうぞ。

IMG_2690.jpg


IMG_2462.jpg


IMG_2514.jpg

IMG_2580.jpg

IMG_2487.jpg

IMG_2522.jpg



アンコール遺跡って、ほとんどが仏教寺院だと思ってたんですが、

ヒンドゥー教も結構ある。

王が変わるたびに宗教も変わるという歴史があったため、

現在のカンボジアの人も、自分は仏教徒だと思っているけれど、

実はヒンドゥー教の慣わしだったりとか、そういうこともあるみたいです。

そして、王が変わるたびに新しい場所に作るらしく、こうやって点在しているみたい。

面白いね。遺跡。

石なのに、ここまで細かく彫刻できるのは、相当なセンスが必要だよねぇ。

誰がどうやってこんなに素晴らしい細工を施したのか、不思議でならないわ。

IMG_2501.jpg


最後は、プノン・バケンという夕日の絶景スポットから、
カンボジアの夕日を見ました。

IMG_2734.jpg


カンボジア、クメール文化の踊り「アプサラ」
料理を食べながら、アプサラのショーを見れる場所があり、
夜のディナーはそこで食べました。

今まで1~2ドルとかで食べてたから、12ドルは相当な金額ですが・・・。

大奮発!

美味しい料理も食べるのも調理師としての使命です(笑

あまりにがっつき過ぎて、ビュッフェ台撮ろうと思ってたんだけど、チャンス逃しちゃいました…。

IMG_2779.jpg

めっちゃ美人だった。

カンボジアの人は綺麗な人が多いわ。

タイは微笑の国と言いますが、行った場所がカオサンばかりで、

ローカルの人にあんまり会っていないからか、なんなのか、

いまいち愛想がなかったんですが、

ここは、目が合えばいい笑顔で返してくれる。

すごく人がよいです。

やさしさを感じる日々です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://flyroundtheworld2010.blog109.fc2.com/tb.php/45-d8d220f9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。