上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プノンペンの続き書きます。

えーと。

レンタサイクル借りて、いろいろと市内を回ったんですが、

セントラルマーケットで、スカート買おうと思って、ちょっと値段交渉したら、

普通に8ドルとか言われ、4ドルまで値切るも、結局、必要ないか~ってやめ。

外から王宮見て、

IMG_3259.jpg

ワットウナロム、ワットプノン見て、

トンレサップ川沿いを自転車で行き、アンドゥオン通を通り、

ツゥール・スレン博物館へ。

ここは、ポルポト政権時代に使われた刑務所。

元は高校の建物だったものを、刑務所として使ったらしい。

教室だったであろう部屋は尋問室、独房などに使われ、

罪のない人々約2万人が虐殺されたという。

IMG_3291.jpg


そこにいるだけで、苦しくなるほどの重い雰囲気に飲み込まれ、

悲しみと納得ならない憤りが身体を駆け巡り、

寒気がして息苦しくて、まともに見ることが出来なかった。。。


プノンペンの街は、

汚い町並みと、重苦しい負の歴史が、交じり合い、

なんとも言えない、不思議な雰囲気を持つ街のように思えた。

だけど、思い出せば、人はとても良く、商売っ気があるといえば、それまでで。

彼らも生活がかかっていて、

あれこれ知恵をつけて、ぼったり、ふっかけたりしてくる。

なんだろう、正直、外国人料金(日本人料金)があるのは、腹立たしいけど、

それをまともに払ってしまう人もたくさんいるわけで、

楽して、お金持ちになりたいな~なんて、誰しも思うこと。

そりゃ、格好のターゲットになるわね。

そのイメージを作り上げてしまった日本人も日本人で。

国民性と言われればそうなんだよね。

誰が悪いわけじゃないと思うけど、

値段交渉も一つの楽しみなのかなと、思ったり。

ただ、安宿泊まるようなバッパーにしてみたら、死活問題です。(笑)

早く切り抜けたいときもあるので、めんどくさいときとか、疲れたときとか。

そりゃ、仕方なく払うよね。

彼らは、日本人だとわかると、意外と図太く、値下げなかなかしない。



屋台で夜、ご飯食べていたら、普通に物乞いが来る。

正直、本当にお金がないのかなんて、わからない。

私は、あげなかった。

あげるとキリないし。大の大人にお金をあげれるほど余裕はない。

近くにいた、ローカルの人が、お金を渡しているのを見た。

なんだか、複雑な気分になった。



私が経験したことなんて、かわいいもので、

もし、それがもっと悪質な強盗だったり、詐欺だったりしたら。

命の危険が出てくるので、その辺は命あっての旅なので、

気をつけなければならないと肝に銘じて、

プノンペンを去るのでした。


マーケットで出会った人たち。

ばら売りしてないので、買えなかったけど、

味見させてくれた。

ライチみたいな味の小さな実の果物と、

もう一つは見た目もちょっと変わったやつ。中にある種?みたいなのを食べるらしい。
味は特にしなかったな。

照れながらも写真撮らせてくれました。

IMG_3243.jpg

IMG_3283.jpg

コンデンスミルク入りの甘ーいコーヒー。これは、相当ツボでした。
美味しい。これで50円弱。安っ。

IMG_3245.jpg

カンボジアの朝ごはん、クイティアウ。

IMG_3241.jpg

興味本位で頼んだやつ。中はニラみたいなのがぎっしりで、外はパリパリ。
得意のチリをつけて食べます。

IMG_3235.jpg
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://flyroundtheworld2010.blog109.fc2.com/tb.php/51-b14192b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。