上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらくぶりの日記で、更新するのにちょっとビビってるんですけど(笑)

今、エストニアにいます。フェリーで今からヘルシンキ帰ります。

ではでは、インド編。どうぞ。↓↓↓




コルカタには一泊しかしなかったので、さらっと観光。

しっかり見たら2日はかかるとガイドブックに書いてあった博物館に行こうとしたけど、

月曜で休館日。

コルカタに行ったら、やはりマザーテレサ。

ボランティアする時間はないけど、とりあえずマザーハウスに行ってみました。

もっとどかーんと大々的にここがマザーハウスって書いてあると思ったら、

建物自体は大きいけど、ちゃんと見てないと通り過ぎてしまいそうな感じ。

てか実際スルーしたんだけど。。。

IMG_5073.jpg

お昼休憩時間のちょっと前に行ってしまい、

あまり見る時間なかったんだけども、資料室も快く見せてくれ、

マザーテレサが暮らした部屋もあり、彼女の暮らし、生き方をちょっとだけ垣間見れた気がしました。

IMG_5076.jpg



ボランティアを偽善だと言う人いるよね。

なんで偽善なら悪いのか。

偽り=嘘だから?

善いことをしているのに、それは嘘なんだと。嘘だから、いけない。

そもそも嘘をついて善いことをするということは、どういうことか。

相手のことなんてどうでもいいけど、善いことをしたって周りに見せたいから、

仕方ない、やっておくか~。みたいな?

何か見返りを求めようとするから、いけない?

私は今、すごく善いことをしている、誰かに褒めてほしい、

そう思ってはだめなのだろうか?


ボランティアをする人たちが、

半分は善意で、もう半分は偽善だとしたら、

どう見分けつけるのか?

半分は無償の愛で、

もう半分はどこかで代償を、見返りを求めてるとしても、

手助けしていることには変わりないはず。

(そこで、適当に怠けちゃったりしている人は、最初から論外です。)

相手への気持ちはないけど、それをポーカーフェイスで誰かに認められるためにやれるのなら、

それはそれでいい。

それでも誰かは助けられてるのだから。

でも、普通は感情移入して、相手への気持ちが生まれるものだと思うけど。


極論だけど、

高校・大学の入学試験や、レジュメにボランティアをしたと書ける時点で、

それはある意味、(自分のために)偽善でやりました。と言っているようなものだし、

ペーパーに堂々と書けることが認められている世の中、

それがまかり通ってるから、別にいいんじゃないの?って思う。

本当に本当に無償ならば、極端だけど、自分のアピールのために使わない。

だから、「偽」がどの程度かはその人次第だけど、

自分のためにボランティアして、何が悪い???

そう思う。



マザーテレサからずいぶん逸れました・・・。



てか、久々のブログで、これ書いたのとアップしてるの、時差がありすぎで、

多少熱も冷めましたが(笑)


あ、そうそう。彼女が亡くなった日は、年は違うけど、私の誕生日らしい。

関係ないけど、なんかすごいな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://flyroundtheworld2010.blog109.fc2.com/tb.php/90-8d7bdbdf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。