上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーグラーにやって来ました。

携帯を鉄道の中に置き忘れるというハプニングをやらかし、

駅まで一旦戻って、警察に行ったりと、かなり時間を割き。。。

行こうと思っていたファテープル・スィークリーには、行けず、てか、行かず。

頑張ればいけたかもしれないけれど、

正直、もうお腹一杯な感じで。

IMG_5514.jpg

アーグラー城を最初に見て、シャー・ジャハーンが息子に幽閉された、囚われの塔を見て、

タージマハルを思う彼の身になって想いに浸ってみる。

IMG_5525.jpg

黒タージは作らなくて正解だよなぁ、なんて思ってみる。

だって、タージマハルに一緒に寄り添って最愛の奥さんと一緒にいた方が絶対に良かったと思うなぁ。

国力が傾いてしまうほど、お金を費やすのは、王としてはちょっとねぇ。。。(笑)

IMG_5593.jpg




というわけで、



タージマハル!






IMG_5564.jpg



世界で最も美しい建造物と言われるだけあって、

完璧なシンメトリーには、脱帽です。

ほんと、きれい。

これがお墓だなんて、もったいないわ(笑)

絶対にそこに住むべきだったよ(笑)

IMG_5577.jpg


さて。ここで問題。

アーグラー城、タージマハル、観光客はわんさかいましたが、

インド人、外国人、どちらの方が人数が多いでしょうか?












正解は、



インド人!てか、圧倒的にインド人。


さすが、11億人いると言われるだけあって、

一度は見ようと訪れる人が多いのかなぁ。

外国人なんて、探す方が大変だった。


で、歩いていると、

インド人から声をかけられる。

そんなのいつものことなんだけど、

ここアグラーでは、ちょっと違う。

「私と一緒に写真撮ってくれませんか?」

「もし良ければ、肩組んで撮ってもいいですか?」

ま、こんな感じで、

なにやら、外国人と一緒に写真を撮るというのが、ちょっとしたブームらしい。

子どもと一緒に。っていう人やら、

お父さんが自らという人まで。

こんな感じ↓

IMG_5580.jpg


携帯を見る感じで、隠し撮りしてる人もたくさん(笑)

そういう時は、負けじと、ピースしてやります。

ちょっとした有名人気分を味わえます(笑)

インド人の目力はすごいので、恐さはあるけど…。

でも、話したらめっちゃいい人たちでした。

写真を撮りたい、外国人と話してみたいっていう商売目的じゃないから、

こっちも変にかまえなくていいし、楽しく話せるのかも。

ただ、話し終わったあとは、どっと疲れました。。。

みんなパワフルなので。


屋上からタージマハルが見えるレストランでご飯も食べれたし。

満足。

IMG_5620.jpg


インドでもう思い起こすことはないかなぁ。


最後は、お決まりのこれ、どうぞ。

IMG_5601.jpg


(2010.05.10)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://flyroundtheworld2010.blog109.fc2.com/tb.php/98-c5bb3ecd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。