上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次に向かった先は、首都アンカラ。

ここは、アメリカでいうワシントンみたいなものだから、普通のバックパッカーはここには来ない。

じゃあ、なんでわざわざ来たかって、


ブラジルのビザを取得するため!


数ヶ月先に迫ったブラジル入国に備え、一般的である取得先スペインではなくて、

トルコで取ることにしたんです。


なんでかって?


翌日発給だっていうから。

そして、審査が甘いらしいから。

ブラジルビザを取得するには、銀行の残高証明書が必要ですが、

何やらトルコでは、ネットの残高が書かれているページを印刷して持って行ったら

取れたという情報をたまたま他のブログで見つけて。


スペインは、申請者も多いせいか(お国柄もあると思うけど。)

1週間以上かかったりするらしい。

物価の高い場所で長時間待つのは無理。

てことでトルコで取ることにしたわけです。

IMG_8252.jpg


アンカラに行く外国人なんてほとんどいないから、

道尋ねても、全く英語が通じない。

宿代が全般的に高い。

ビジネスホテルのような場所に泊まったはいいけど、

部屋の中には、殺せど殺せど虫が次から次へと出てくる。。。

見た目はそんな風に見えないんだけど、

今まで泊まった宿の中で一番最悪かもしれない。。。

夜は、周りの店からの音で全く寝れないし。


そんなことよりも、ビザ!

他の人のブログで書かれていたとおりに行ったんですが、

とてもわかりやすく書いてあるので、ぜひそちらをどうぞ。

でも、ちょっとだけ補足を。


IMG_8255.jpg

バスに乗って、最寄のバス停で降りた後、

始めの大きな通りを右なんですが、

曲がるべき道の手前にも同じ大きさの道があります。

私は間違ってそこを曲がってしまい、坂道を上っても全く見えてこなくて。。。

30分以上ふらふら歩くことに。

二つ目の大きな通りを右です。

IMG_8265.jpg


あと、ブラジルビザ申請書というものはなく、ネットです。

大使館行ったら、ネットから必要事項を入力して、

受付番号が書かれた書式をプリントアウトして来いと。


近くにネットカフェもないし、ダメもとで写真屋さんに入っていったら、

ネット貸してくれて、プリントアウトさせてくれました。

ありがたい。

まあ、前もってやった方がいいとは思いますが。。。

ブラジルビザこちら


大使館ではマダム・ツナが対応してくれました。

なんだかんだで、いい人だったぁ。

I'm very very very busy now.

と言ってたわりには翌日にちゃんと発給してくれたし。

ありがとう。


アンカラ何もなかったけど、いい出会いもありました。

オトガル(バスセンター)まで連れて行ってくれた英語全く通じなかったお姉さん。

どうもありがとう。

みんなに助けられてるなぁ。

イスタンブールは、ボスポラス海峡を挟み、アジアとヨーロッパにまたがる街。

一度にヨーロッパとアジアを何度も行き来できる、毎週土曜限定のサンセットクルージングに、

同郷の男の子Rくんからお誘いを受け、行ってきました。(20トルコリラ)

行き来できると言ったけど、途中お客さんを乗せて、

どんどん北上するので降りれないんだけど。

同じ宿の子に言わせると、

「アジア側とヨーロッパ側を往復しているフェリーが安く出てるんだから、
 それに日没頃に何度も乗れば一緒だ。」

と言うんだけど(笑)(確かにww)

でもでも、黒海の近くまで北上できるんだからと、サンセットクルージングという響きに惹かれ行くことに。


肝心の夕焼けは、結構きれいに見えました。

IMG_8051.jpg


このボスポラス橋は日本が作ったらしいです。

IMG_8069.jpg


最終目的地、アナドルカヴァヴに行き、そこはちょっとした屋台が並んでて、いい雰囲気。

IMG_8108.jpg

IMG_8113.jpg



サバサンド食べたよー。

IMG_7854.jpg


鯖は、日本のと変わらないくらい脂がのっていて美味しい。

それをパンと組み合わせてしまうんだから、ミスマッチそうで、なかなか美味しい。

帰ってからでも作れそうだなぁ。これは。



それよりも個人的には、船から見る夜景のほうがきれいだったな。

IMG_8151.jpg



帰りの船で、いつものように日本人丸出しで写真を撮っていると、

隣にいたトルコ人女性が場所を空けて、譲ってくれました。

エリフはほぼ英語がわからなく、私とRくんはジェスチャーと英語、会話したんだけど、

エリフはトルコ語90%の英語10%で会話。

それでも、なんとなく意味が通じちゃうから不思議だね。

もうなんていうかめちゃくちゃかわいいしきれい。しぐさも喋り方も。

一目惚れに近いね。

いい出会いでした。

楽しいひと時をどうもありがとう。

IMG_8149.jpg


トルコの人はいい人だー。


(2010.06.12)
2010.07.13 モスク巡り。
てことで、イスタンブールは、日本人宿に3泊。

観光は、モスクがメイン!

だって、入場料タダ。

スユレイマニエ・ジャーミィ

IMG_7862.jpg

中は工事中だった。。


リュステム・パシャ・ジャーミィ

IMG_7880.jpg

エジプシャンバザールの中にあって、入口見つけにくい。
中は人が少なくて落ち着いていてよかった。


イエニ・ジャーミィ

IMG_7918.jpg

IMG_7896.jpg

ブルーモスクより好きかも。


そして、世界遺産、ブルーモスク!

IMG_8167.jpg

IMG_7959.jpg

ライトアップされててめっちゃ綺麗。


モスクは、もちろん女性は頭にスカーフを被って入らないといけません。

靴も脱ぎます。

中は、カーペットが敷いてあるので、なんだか日本人的には、妙に落ち着く。

結構モスクの雰囲気好きです。

みんな日陰で休んで寝てたり、ご飯食べたりしてるし。

イスラム圏の女性の格好は、やっぱり何度見ても、すごい。

どうやって、あんなきれいにピターっとスカーフを巻いているのか、

仕付け針で、上手に留めてるんだよねぇ。

絶対に刺さることあると思うんだけど。


信仰心の強い人は、目まで覆っている人もいる。

外の世界をクリアに見たことはあるのかな。

宗教、文化、と言えども、この暑い中、大変そうだなぁと思ってしまう。


始めは、「したほうがいい」と言われていたことも、

いつの日にか「しなければならない」に変わる。

そうタイで会ったおじさんが話していたけど、本当に世の中はそういうことだらけだ。

イスタンブールに行ったのいつだっけ。。。

てか、今エジプトですが、かなりタイムラグあるので、

もーひどいね。。すみません。


てことで、やってきました!

イスタンブール。

ここで、初めて泊まったみました。

旅人の間で超有名な日本人宿「Tree of Life」

IMG_8223.jpg


いろんな人がいたなぁ。

最初はなんとなく馴染みづらい印象で、

お世辞でもきれいではないし、(女子ドミはまだマシらしい。)

宿変えようかな~くらい思ってたんだけど。。。

いつの間にやら慣れてきて、あのはじめの独特の余所者を寄せ付けない感じも

混じっちゃえば、こっちのもの。

よく沈没する方も多いらしく、

まあ中に入っちゃえば、日本語だらけのこの世界は、

良くも悪くも、居心地が良すぎるんだろうな。


てことで、シェア飯(みんなで材料費を割り勘して、ご飯を作ってみんなで食べるシステム)も

体験させていただき、

鯵のタタキもいただきました♪

あざーっす。

あ、私は何もしてないです(笑)

正直、やってくれると言っている方がいるのに、新入りの私が入るのも。。。と思い。

あえて調理師は伏せさせていただきました。

言っていなかった皆さま、どうもすみません。


ここで会う人は、ほぼ長期旅行者。

ほんとね、ここで書き出すとキリがないから、書かないけど、

いろんな人がいた。

こんなにも世界を旅している人がいるのかと。

老若男女問わず、人それぞれのスタイルがあり、旅年数もさまざま。

なぜだか時間に追われて見えない誰かに急かされながら旅をしている私には、

彼らは羨ましく憧れる。

でも、早く日本に帰りたいと思ってみたり。

IMG_8222.jpg

なんだかんだ言って、ほぼノンストレスのこの状況は、

日本に帰国後のことを考えると、若干怖くなってにみたり(笑)

旅人の間では、有名な「マッサージ師マサシ」さんに会えたのも、うれしかったな。

会ったときは、そんな有名な方だとは思わず…。

マッサージしてもらえばよかったなぁ。残念。

かまってくれたみなさん。素敵な出会いをどうもありがとう。

2010.07.10 パムッカレ。
マルマリスからバスでパムッカレへ。

パムッカレへは、近くにある町デニズリからミニバスに乗り換えてます。

途中、雨が降っていて、あとに出た虹がめっちゃきれい。


着いた瞬間、寂びれた温泉街の雰囲気が漂ってて、なんとも言えない感じ。

宿で一泊して、次の日、いよいよパムッカレへ。

IMG_7782.jpg


一面真っ白の石灰棚。

IMG_7557.jpg

IMG_7618.jpg

これ、ずっと見たかったんだよねぇ。

みんな水着着て、石灰棚入ってる。

てか、すごい人。

特にロシア人観光客が多いみたいで、

みんなセクシーなポーズで、写真とりまくり。

太っていようが痩せていようがお構いなし。

日本人なら絶対に恥ずかしがって撮らないけどさ。

異文化だよね。やっぱり。

IMG_7754.jpg

IMG_7608.jpg


ここはこの石灰棚の他に、ヒエラポリスという遺跡もある。

IMG_7663.jpg

ここは温泉が湧き出る保養地。

近くの町にもSPAがあったりするけど、残念ながらやっぱり寂れている。。。

久々に温泉入って、疲れを取る。

ちょっと硫黄臭い温泉。

IMG_7795.jpg


やっぱ温泉はいいよねぇ。

久々にお湯に浸かったので、体力回復!

次!イスタンブール!


(2010.06.08)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。