上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エジプト文明に興味があったり、

世界ふしぎ発見!好きだったら、知っているであろう場所、

ルクソール。

鉄道に揺られ、カイロから片道10時間。

私がいた時期はちょうどエジプトも夏休みだったらしく、


フル。


バスもあったけど、なんとなく朝一で行きたくて、

チケットなしで電車に飛び乗る。

無賃乗車??


ですが、ちゃんと鉄道の中でチケット買えます。

もちろんプラスαでお金取られますが。


空いている席にとりあえず座ってみる。

途中の駅で、予約してる人が来る。

移動して、行き着いた先は・・・



デッキ。

IMG_0453.jpg




ドアが閉まっているとはいえ、砂漠のど真ん中を走る鉄道は、

砂埃が容赦なく入り込み、

身体も鞄もざらざら、真っ白に。。。

風もびゅんびゅん。


エジプシャンがダンボールを譲ってくれて、

そこに体育座り。

マスクしたり、スカーフ捲いたり、試行錯誤。

ひたすら耐える。寝る。我慢。


デッキで砂まみれになること約5~7時間。

(正直もう覚えてない。多分そのくらい経ってるはず。)


人もどんどん降りていき、おじさんが席を空けてくれた。

ファーストクラスの座り心地。

まさに、至福のときです。

IMG_0446.jpg


本当にしんどくて、

今までの移動の中で一番だったかもしれない。



で、このまま移動について書くけど、

ルクソールから今度はチケットをちゃんと取って、アスワンへ。

アスワンは、あの巨大建築物、アブシンベル神殿の近くの町。

そのチケットを取るのも、ルクソール駅で並んで、

多少一悶着あったけど、すんなりセカンドクラスが取れました。

IMG_0588.jpg


問題は、帰り!

アスワン着いてすぐにチケット売り場に並ぶも、

3つある窓口で、あっちに行けだの、こっちに行けだの、

たらい回し。

あのね、お役所に行くとよくたらい回しにされるとか言うけど、かわいいもんよ(笑)

「フル!」の一点張りだし。

しかも本当にフルならいいけど、それがわからないから、困りもん。

たくさん人並んでるし。。。


諦めきれず、その日の夜にももう一度1時間くらい並んでチャレンジしてみた。

必死にエジプシャンに混じって、横入りされたら、横入りし返し、

お札片手に、窓口の小窓に手を伸ばし、

「カイロ!!」と叫ぶも、

「前売りはもうないから明日来い!」と。


夜なのにめっちゃ暑いし、エジプシャンは並ばないし、

極限状態にいらいらいらいら。


でも、どうにもならず、当日券狙いです。


が、次の日はツアーに参加するために朝は無理で、

帰ってきてから3時くらいにカイロにその日に帰りたい組6人で、

二手に分かれて並ぶも、

システムが故障してるとか言って、1~2時間待ちぼうけ。

人によっては5時間待ってる人とかいて、

改めて、エジプトの残念さを感じざるを得なかったんだけども。。。

(えーと、エジプシャンは意外といい人多いのよ。インドと比べたら失礼にあたるわ。)


でも、あのね、考えてみてよ。

45度はあるであろう構内に、エジプシャンにまぎれて3時間並ぶ姿を。

そして、職員のいるあちらは、エアコンガンガン効いている。

インドですら、インターネットで予約も出来たし、

旅行代理店が多少のマージンでチケット取ってくれたけど、

ここはそんなものない!

自分でなんとかするか、宿の人に頼んでその人が列に並ぶ(癒着のが普通らしいけど)いかないんだよ。

ただでさえ傲慢な職員なのに、

外国人なんて、やっかいでめんどくさいだけ。

完璧邪魔者扱い。

白人でも軽くあしらわれる。


ひどいもんよ。ほんと。。。



で、結局チケットは取れず。。。

もう行きのような悪夢は繰り返したくないので、

路線バスももう出発していて、

宿の人が手配してくれたバス(スーダン人が今の時期カイロに行くらしく、そのバス)に

乗り込み、カイロへ。

IMG_0694.jpg
チラッと見える派手な服の人は、通路に寝てますよ。

12時間くらいかなぁ。

路線バスは紅海経由で行くから16時間くらいかかるんだけど、ダイレクトだったから、早かった。

ほんとはうちらは乗っちゃいけないバスだったみたいで、

検問らしきところでは、カーテンで隠され(笑)

スリル満点で無事にカイロまで辿り着くのでした。

まーこれも結構大変な移動だったけど。いい経験できました。



エジプトのシステムはファックだ!とどこかのエジプシャンが言っていたらしいです。

なるほどね。確かに。



あ、一言付け加えると。


私エジプト好きです。

人もいいし。遺跡もよかったし。ロマンがある。

カイロで有名なスーク(市場)、ハンハリーリ。

IMG_0357.jpg

何か買おう!と思って、意気込んで向かう。

一泊、二泊できそうなバッグと、1.5リットルペットボトルが入る入れ物をご購入。

今でも大活躍♪

あ、バッグは底破れたので、自分でまた縫い直したけど。。。

さすがエジプト製

インドで何度も聞いた

「グッドマテリアル」

が頭をよぎる。




うそつけー。




IMG_0359.jpg





さて、エジプトではタダで楽しめるダンスショーがあります。

その名も、




「スーフィー」




かわいい名前。



どんな人たち演奏して、踊ってるのかな~って気になるでしょ??








すごいかわいい人が打楽器してたよ。シャララシャララ~って。










IMG_0384.jpg


歯が抜けてるおじさん!





いや、でもね、笑顔が素敵で、かわいー。


愛嬌たっぷり、茶目っ気たっぷり。

IMG_0385.jpg



ダンスもすごい!くるくる回る。

IMG_0421.jpg


目が回らないのかって、ほんと感心するわぁ。

十分以上は回り続けてたよ。




ここにいる人たち全員男ですよ~。


女性は誰一人としていませんでした。


22.jpg


なんでこれがタダで見れるのか、不思議でならないんだけども、

でもタダだから行ったっていうのもあるし、行けてよかったなぁ。


ちなみに、ハンハリーリの近く、毎週水・土曜日夜8時からだった気がする。

早めに行って並ばないと席がないので気をつけましょう。

人気です。

(2010.07.10)
7月7日、七夕。

エジプト、バフレイヤ砂漠の下で、

それぞれ別の世界一周してる5人の旅人。

IMG_0056.jpg


偶然にもカイロで出会い、

こうして一緒に満点の星空を眺めている。

最高の出逢いに感謝して、天の川に願いを。


笹はないから、砂漠にかろうじて育っているサボテンらしき何かを代用し(笑)

まなちゃんの3日坊主家計簿の表紙を頂いて短冊を作り(笑)

焚き火をしながら、みんなで願い事を書く。

一緒のツアーに参加したアメリカ人カップルと、

誰よりも一番子供のようにはしゃいでいたガイドさんと、

うちら5人と。



IMG_0137.jpg



天まで届いたかな。。。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



バフレイヤ砂漠のツアー。

ヨルダンのワディ・ラム砂漠のキャンプには行かなかったので、

この砂漠ツアーには行ってみたかった!

カイロで泊まった同じ建物に入っている

スルタンホテル(半分日本人宿)とサファリホテル(完璧日本人宿)から集まった5人で参加!

バスに揺られ、5~6時間。

2~3時間とか聞いてたから、びびったけど、無事到着。

ここでボロボロの車に乗り換えて、白砂漠ツアーへGO!

まず行ったのが黒砂漠。

IMG_0001.jpg


高い山登ったよ。

見晴らしがいい!

みんなで記念撮影。

IMG_9997.jpg
シャッタータイマーうまくいかず(笑)


ドライバーのムハンマドは、最初おとなしいのかと思ったら、いきなりはじける(笑)

IMG_0043.jpg
一緒に参加したkeijiさん、かなり気に入られてたな(笑)

可愛らしいんだよなぁ。

ちょっと度を超えてる気がしたから。もしかしたら・・・。

クリスタルマウンテン!

IMG_0011.jpg


アカバット!

IMG_0033.jpg


そして、白砂漠!!

IMG_0070.jpg
タイトル、「(フライド)チキンとひよこ」

IMG_0071.jpg


ランクルで駆け抜ける砂漠は最高で、

タイヤが飲み込まれそうになったり、急斜面を登ってみたり。

スリル満点!

IMG_0020.jpg


IMG_0044.jpg


最後はみんなで砂漠に沈む真っ赤な夕日を見ながら、

ギターとジャンベ(かな?)の即興音楽聴きながら・・・

IMG_0091.jpg


満点の星を待つ。

夕食も待つ。


・・・・・


食べたの10時過ぎ。

遅くない???笑

みんなで美味しく頂き、

七夕をする。

キャンプファイヤーをする。

歌う。



なんだよー。

今思い返しても、めっちゃ楽しかったわ。

その日の宿は、満点の星空が屋根。

寝袋に入って、外で寝る。

これも野宿か(笑)

人生2度目だな~。

このほうが断然いいけど。

次の日、朝食食べて、キノコ岩見て、帰る。

IMG_0145.jpg


楽しかったぁーーーー。



(2010.07.07-08)
今、フランスはストラスブールです。
どうしてこんなにもブログを書く時間がないのかと、思うんだけども。。。
それだけ、充実してるんです。
やることたくさんあるんです。
行きたい場所たくさんあるんです。
誰かとつるんで話してるんです。

けど、これ本当。

貴重な時間を過ごしているんだと、つくづく思います。


さて。

エジプトか。ずいぶん前な気がするなぁ。

ピラミッドカウント行きます!


まずはカイロからバスでちょっと離れたサッカラへ。


いち!
ウナス王のピラミッド(多分)
(トゥースってしたつもりが、撮れてなかった。笑)

1.jpg


に!
ジェゼル王の階段ピラミッド!初ののピラミッド!

2.jpg


さん!
ウセルカフ王のピラミッド(多分)

3.jpg


し!

・・・はありません(笑)縁起が悪いから?ということにさせてください。
(単なるカウントミスですがww)


別の日、いよいよ三大ピラミッドがあるギザへ!!


ご!
名前わからん。確かクフ王の近くにあったはず。

5.jpg


ろく!
同じく名前わからん。となりに仲良く並んでた気がする。

6.jpg


なな!
これもわからん。あーもうタイムラグあるとだめね。。やっぱ。

7.jpg


はち!
きたよ、これ。でかいー。クフ王のピラミッド!

8.jpg


きゅー!
カフラー王のピラミッド!個人的には一番好き。

9.jpg


じゅー!
メンカウラー王のピラミッド!

10.jpg


じゅういち!
メンカウラーの隣にある女王のピラミッド3つ!

11.jpg

じゅうに!

12.jpg

じゅうさん!

13.jpg


計12個!


他にも、サッカラ行ったときに、
かなり遠めからなら、屈折ピラミッドとか、赤いピラミッドとか見たよ。

IMG_9962.jpg



また戻って、ギザ!おなじみスフィンクス!

IMG_0224.jpg

カメラマンのように振舞うちっちゃな女の子に言われるがまま撮った写真の一枚。
まーあとでしっかりバクシーシ取られましたがね。


トリビアで有名になった?ケンタッキーにも行ってきた。
KFCの上にピザハットがあります。

IMG_0245.jpg






なんか自分大好きブログになってしまったな。。。苦笑
エジプトインは、イスラエルのエイラートから。

イスラエルを含めた中東のお話は、追々。

でも、ちょっとだけ、スタンプの話を。


イスラエルの出入国のスタンプをパスポートにもらってしまうと、

仲が悪い一部の国には行けなくなります。

入国拒否。

私は、すでにシリアに行ってたし、

パスポート切れるまでの残り4年弱の間にレバノン、イエメンとかに行かないと思うので、

思い切ってスタンプもらうことに。

・・・のつもりが、イスラエルの入国管理官と言えば、美人揃いで有名ですが、

彼女らは、見事に私の要求を跳ね除け、

別紙に押すという、スタンプを押して欲しくないバックパッカーからしたら、羨ましがることをしてくれ、

まー別紙には押してもらったので、(帰ったら貼り付けようと思ってるけど。)

(ちなみに、キングフセイン橋で押してもらうヨルダンの出国スタンプを係りの人は私の分を回収し忘れ。
 私、手元にあります。超レア!だよね??)

結局イスラエルのスタンプは私のパスポートには押してないので、イスラエルの入国経歴はない・・・ように見えますが、



が、しかーし!



見る人が見れば、私がイスラエル入国したことがすぐにバレてしまうのです!!




なぜかって?




「エジプトのターバのスタンプが押してあるから!!!」

IMG_9873.jpg



ターバはイスラエルとの国境近くの街。

ここのスタンプがあるってことは、イスラエルに行ってたでしょ!となるわけ。

スタンプにここまで神経使う国は他にないんじゃないんだろうか。

面白い経験をしました。


あ、そうそう。なんでヨルダンじゃなくてイスラエルから国境越えしたかって、

ヨルダン側からよりも安いから。

キングフセインからよりもエイラートから抜けたほうが断然出国税が安いし、

アカバ(ヨルダン川の国境)からの船も無駄に高い。

というわけで、イスラエルを選んだわけ。

でも、どの情報ノートにも書いてなかったんだけど、

イスラエルから出国して、ターバからバスに乗ったあとに75エジプシャンポンド入国税?取られました。

他の人も取られてる人もいたので、どうなのかよくわからないけど、

一瞬ただボッたくってるのか、と思ったけど、

よくよく考えれば、アカバからの船もTAX取られた値段で高いのかなぁと思ったり。

真相はわかりませんが、そういうことがあったよということで、

イスラエル側から抜ける人は、覚えておいたほうが心の準備ができていいかも。



さてさて。

エジプトになんのために来たかって、

そりゃもう、ピラミッド!!!!!!


「ダハブには行かないの??? 

と会う人会う人に言われ…

自分ではエイラートで紅海の綺麗な海を見たから、

それで自分の中で無理やり満足させたつもりだったんだけど。


IMG_9876.jpg
ターバでバス4時間待たされた間に行った近くのビーチ。


ターバで、ダイレクトでカイロにする最後の決断をして、

乗り合いタクシーでやっとの思いでカイロに着たけど。。。なんとなく今でももやもや。

行けばよかったかなぁ~とか思うけど、

「恋する街、ダハブ」らしいけど、

あいのりのノリらしいけど、

いいんだ~。


エルサレムとカイロで 「ダハブゲーム」 したから!!!



人を信用できなくなるゲームです(笑)



でも、ハマると超楽しい!



「キングじゃないよ~」

「ド平民だよ」




詳しく知りたい方は、ググるか私まで。





そんなこんなで、ピラミッドは次!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。